写真と人

写真家中村美鶴がお届けするフリーペーパー。

INTERVIEW

Sundayカミデと中村美鶴のインタビュー。

「写ルンですの、どうしようもないの撮ってしまう感じが、いいよね」

兄2人がピアノを習ってたので、3歳からピアノを習い始めて10歳でグレてやめてしまった事を今でも後悔しているシンガーソングライター、Sundayカミデさんにインタビュー!写真についていろいろ伺いました。◯◯撮りという新たなワードが聞けて、すごく面白かったです(笑)紙面に載せきれなかったインタビューと、撮りおろし写真も併せてどうぞ!!

5.jpg

中村:(笑)それすごいなあ。じゃあ、バンドの写真とかLoveSofaの写真を、撮ってもらう人ってどうやって決めてるんですか?撮ってよ、なのか、撮らせて、て言われるのか。

サンデー:それはいつも曖昧で、自然になってる感じやねんけど、多分最近の流れは、奇妙くん撮りたかった人とか撮ってた人が、しゃかりきとかワンダフルボーイズ撮ってくれた流れでそうなってたかな。もっと初期から、ASPとか若いときやってたバンドで言うと、クラブで知り合って...。キヨちゃんは、誰かのアシスタントやってて知り合って仲良くなって、とかかな。大きく言うと、しゃかりきやるまではクラブで知り合って仲良くなって、なんとなく友だちになって撮ってもらってた。それ以降は、多分奇妙くんとかの流れ。今の待夜さんとかもそう。

中村:じゃあ割と仲良い感じですか?

サンデー:そうね。だいぶ前からの付き合いの人らとかは...。

中村:その、昔撮ってもらってた人って今も付き合いあります?

サンデー:ほとんどあるかな。辞めてない人らは。今でもパンクのシーンをずっと撮ってる人も、ちょくちょくクラブで会ったりするし。入れ墨だらけの、こんなおっちゃんやけど。おっちゃんって言ってもほとんど同じ年やけど。そのカワシマンて人と、キヨちゃんと、新田くん。新田くんはたまに東京でライブ観にきてくれてるかな、こっそり。そういう人ら、付き合いはずっと。やってれば付き合いあるけどね。辞めたら、お互い。音楽辞めたら多分一生会わへんし、向こうもカメラ辞めたら俺も会わへん。その写真にコメント書く子とかは辞めたから、そっから会ってない。

中村:そうか。それは、辞めたことで付き合う理由がなくなるということですか?

サンデー:そうね。機会が。

中村:会う機会がないってことですか。

サンデー:うん。例えばキヨちゃんとか新田くんとか、大阪から東京に行った人でも、3年喋ってなくても、雑誌で下のほうに名前あったら、それで会ってはないけど、いつか会ったときにその話したりして。そうなってたら覚えてるけど、そんなんじゃなくなってたら忘れるよね。辞めてたら。その写真のコメント書いてた人とか、今日こんな話しなかったらすっかり忘れてるとこやった(笑)。

中村:(笑)

サンデー:よかった思い出して。

6.jpg

中村:では、今後写真を撮りますか?

サンデー:まあインスタがあれば。インスタのアプリがなくなったらもう撮らへんかも(笑)でも写ルンですは、ちょっと良かった。

中村:あっ、ほんとですか?うれしいです。

サンデー:上がりめっちゃいいよね?こんな良かったっけって思うけど、進化してるのかな。写ルンですも。

中村:写ルンですは種類がいろいろあったんですけど、何種類か生産終了になってしまったので。進化はどうだろう...。でもサンデーさんが高校生の頃よりは進化してるかも。けっこういいんですよ。

サンデー:いいよね。

中村:もしかして撮りたくなりました?

サンデー:アリかも、と思う。

中村:例えばすっごいのんびり撮って、撮り終わったからって。わたしも最近まとめてフィルムを現像に出すことが増えたんですけど、あがり見たら数ヶ月前の写真が出てきて。

サンデー:それ面白いよね。

中村:面白いんですよ。

サンデー:なんかその、20個くらいの写ルンですを3年くらいかけて、ちょこちょこ撮ってたら、めっちゃ個展開けれるくらいいいかもね。

中村:いいかも。

サンデー:撮るものによるけど。

中村:けっこうお手軽だから、イベント中に撮影するのにもいいかもしれないですよね。昔写真と人の1周年のイベントの当日に、皆にイベントの写真撮ってくれって各バンド1つずつカメラ渡して。

サンデー:あ〜、それ面白いね。

中村:ステージ上から撮ってもらったりしてたんですけど、面白かったですよ。

サンデー:いいかも。デジカメが出たときって、ステージ上からデジカメでって若干流行ったけど、写ルンですのほうがいいね、そうなったら。なんていうか、戻ってこない時間みたいなのを連想できるもんね、写ルンですで撮るって。デジカメで撮るのとちょっと違うよね。明らかに、これをまた写真で焼いて見るっていうタイムラグがあるのが、連想しやすいよね。この瞬間もう戻ってこーへんみたいな(笑)。ノスタルジーね。

中村:うん、本当に違う。

サンデー:しかも、いいカメラで、デジタルじゃなくても、どれでも違うよね。写ルンですのこの、キュッキュッキュって巻いて、この手軽さで撮るから、過去を撮ってるって気分になる。今から過去を撮る、みたいな。デジカメとかこういうの(一眼レフカメラ)って、未来があるやん。いい出来になって、例えば加工したりとかしてもっと良くできるし、とか。未来があるけど、写ルンですは未来を感じさせないところの、良さ。

中村:完全にこの写真って過去だなって思っちゃうってことですか?

サンデー:もう手も加えられへんから。そこでビューも観られへんから、確実になんかその...。後で見たところで、もうそれだいぶ前になってるやん。ていうのも何となくよぎるもんね、写ルンです。それがいいとこかな。時間の点をしっかり撮れてるみたいな。

中村:そのままね。

サンデー:やっぱりモニターチェックできるっていう時点で、もう素晴らしいねんけど。多分どうしようもないものが撮られへんねん、デジカメって。

中村:確かに、例えばブログに載せるためだけのケーキとかでも、何度も撮り直したりしますもんね。

サンデー:そうそうそう。写ルンですの、どうしようもないの撮ってしまう感じが、いいよね。

中村:半目とか写ったりするんですよね(笑)友だちと飲んでるときとか。

サンデー:うんうん。目赤くなったり。

中村:昔赤目すごかったですよね(笑)

サンデー:赤目すごかった。そこがいいって今回そう思った。改めて。

中村:それは良かったです、うれしい。プリントの紙も変えてるんですよ。

サンデー:そうね。それがええんかな、また。質感がよく出てるよね。

中村:よりノスタルジーな感じありますよね。マットなんで。

サンデー:ねえ。

中村:いわゆる普通の光沢紙で見ると、またちょっと違うんですよね。

サンデー:違うよね。それはそれでいいけど、この感じいいよね、めっちゃ。

7.jpg

中村:そうそう。けっこう気に入ってて。...さっきの、必要なもの撮ったって聞いてから改めてメンバーが写ってるの見ると、いいですね。

サンデー:そうね。一応、てっしーと、これ奇妙くんのギターやねんけど。

中村:あ、そうなんだ。

サンデー:奇妙くんは肖像権的にちょっとあれかな、と思ったから。やめといた。ふふ(笑)

中村:それで代わりにギター。

サンデー:うん。トイレ。

中村:(笑)

サンデー:いいね。

中村:うれしいです、そう言ってもらえると。一応フィルムにこだわって、この企画をやっているので。

サンデー:巻いてたもん。

中村:たまに巻き忘れて、(シャッター)押せない!ってなるんですよね。

サンデー:んふふ(笑)あるある、あるよね。写ルンですめっちゃ使ってるときでもそれあるわ。急いで。今撮りたいってときに。

中村:あるある(笑)あと、巻いてある状態でカバンとかに入れて、知らないうちに1枚押されてたりとかする。

サンデー:あ、そうなんや。へえー。

中村:簡単に押せちゃうから、荷物に押されて...。

サンデー:1枚撮れてんねや。

中村:はい。...では、今日はありがとうございました。

写真と人 VOL.28

ナンバー
VOL.28
カテゴリー
通常版
ゲスト
Sundayカミデ
バンド
ワンダフルボーイズ / 天才バンド
発行日
2015年4月10日

ゲストプロフィール

Sundayカミデサンデーカミデ

3歳の頃、初めて作詞作曲をしたそのタイトルは「泥棒さんこんにちわ」。以来、今でもずっと作詞作曲をしています。
コンセプトはひとつだけ。平和 to the people!!!
ワンダフルボーイズ/天才バンドにて、日々ライブしてMARS!

Sundayカミデ 7曲入りソロアルバムピアノKISS!!!

ライブ会場限定で発売中
¥1,500

写真と人を作っている人

中村美鶴

写真と人は、写真家中村美鶴が取材・撮影・編集・制作・発行を行っている手作り&手折りのフリーペーパーです。2006年に創刊し、現在はいろんなところに配布しています。写真と人についてもっと知りたい方は当サイトの写真と人?ページを、中村美鶴についてもっと知りたい方は中村美鶴サイトのプロフィールページをご覧ください。

写真と人の配布場所

配布場所ページ

当サイトの配布場所ページにて、写真と人を毎号置いている場所を記載しています。

詳しくはこちら

ツイッター

写真と人ツイッターアカウントにて、最新号の配布場所を配信します。配布ページの毎号置いている場所以外の配布場所もつぶやいています。

詳しくはこちら

サイトマップ

写真と人からのお知らせ

写真と人を知る

写真と人を手に入れる

運営情報